豊の国・大分で建てる注文住宅の魅力 > 注文住宅を建てるときの基礎知識 > 注文住宅を建てる流れ

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てる流れ

注文住宅を建てる際、まず何から始めれば良いかを知っていますか?ここでは、注文住宅を建てようと検討している人に、いつ、何をしたら良いのかを紹介します。後悔や失敗のない家づくりを行うためにも、ぜひチェックしてみてください。

理想の注文住宅ができるまでの流れ

暮らしのイメージと資金計画

注文住宅を建てるにあたり、「どんな住まいにしたいか」「どのくらいの費用で建てたいのか」を考える必要があります。家族全員のライフスタイルを考慮し、建物の種類や設備、立地などの条件やこだわりをひとつずつ挙げ、理想の住まいのイメージを具体化していきましょう。

準備できる資金額や、ローンを利用する際に無理なく返済できる金額などを算出しておくことも重要です。これらを総合的に判断し、予算を設定していくようにしてください。

資料請求・展示会やイベントへの参加

インターネットでさまざまな工務店・ハウスメーカーなどの資料やカタログを請求し、気軽に情報を集めてみましょう。休日などの時間がある日には住宅展示場へ行ってみると、より住まいのイメージが湧きやすくなり、住宅会社も絞り込めるようになります。

家づくりや資金計画などの相談ができる見学会や勉強会も頻繁に開催されているため、参加してみると良いでしょう。

土地探しとプロへの相談

土地探しから始めなければならない人は、住宅会社の選定と同時に土地探しも行わなければなりません。自身で情報収集をする、不動産会社へ相談するなどの方法もありますが、土地の特徴によっては設計が制限される可能性があります。

そのため、土地探しの段階から、工務店やハウスメーカーといった家づくりのプロに相談するのがベストです。

施工会社の選択・決定

資料や展示場で得た情報をじっくりと吟味し、候補となる住宅会社を絞っていきましょう。その中から、理想に近い住まいを建ててくれる会社を慎重に検討し、1社に決めていく方法が最適です。2~3社くらい候補が決まった段階で、それぞれの会社へ土地や資金についての相談をすれば、良い検討材料になります。

敷地・地盤の調査

施工会社が決定したら、その土地に理想の住まいが建てられるかの敷地調査と地盤調査を行います。土地によっては間取りや設計が制限されるケースがあるため、制約や制限は早いうちに知っておくのがポイントです。

打ち合わせ・プランニング

敷地や地盤調査の結果に問題がなければ、土地を購入する契約を交わし、住まいのプランニングをスタートします。ハウスメーカーや工務店と打ち合わせを行い、希望条件や住まいのイメージなどを伝えましょう。

見積りと住宅ローン

プランが固まれば全体費用の見積もりが作成されます。見積もり金額が予算の範囲内か、内訳に問題がないかを確認できたら、住宅ローンの選定と契約を行いましょう。

契約~着工

プランや見積もり内容に納得できたら、建築請負契約を締結します。見積書・工事請負契約書・工事請負契約締結書・設計図書といった4種類の書類を確認し、契約してください。

建築請負契約を行って建築確認申請をクリアすれば、いよいよ着工です。工事がプラン通り進行しているかを確認するためにも、時々現場の様子を見に行くようにしましょう。

引き渡しと入居

施工が終わり次第、完成立会い検査を行います。施主と施工管理者が一緒に住まいをチェックするので、不備や不具合がないかを入念にチェックしましょう。さらに、第三者機関による完了検査もクリアした段階で、工事は完了となります。代金の清算後に引き渡しとなり、その後はいつでも入居可能です。

アフターサポート

入居後のアフターサポートは会社によって異なるため、あらかじめ定期点検や保証について確認しておく必要があります。また、不具合が発生した時に迅速な対応が可能かも重要です。


自然素材にこだわった大分の工務店3選

日本ハウジングの施工事例画像

 
活用している地域材
3種類

日本ハウジングの
施工事例を見る

電話で問い合わせる

木造建築を推進する大分県が主催する「豊の国木造建築賞」を、2014年度最優秀賞を含む3年連続受賞(2013~2015年)。取り扱う地域材の種類も豊富で、環境と調和したデザインの家づくりを実現しています。

藤丸建設の施工事例画像

 
活用している地域材
2種類

藤丸建設の
施工事例を見る

電話で問い合わせる

大分県産の木材のほか、調湿性能に優れた稚内珪藻土を利用した家づくりが可能。木材を手でカットする「手刻み」に対応している工務店のひとつで、高い技術力を誇ります。

井上建設の施工事例画像

 
活用している地域材
2種類

井上建設の
施工事例を見る

電話で問い合わせる

「和の技術」と自然素材を用いた家づくりを得意とし、熟練の職人が木を1本ずつ手作業で加工。社長みずから設計を行い、強いこだわりを持った住宅を手掛けています。