豊の国・大分で建てる注文住宅の魅力 > 注文住宅を建てるときの基礎知識 > 断熱性能に優れた家
  

断熱性能に優れた家

こちらでは高断熱の家のメリット・デメリットを紹介します。断熱材の種類や選び方など断熱性能について考察していきましょう。

断熱性能に優れた住まいのメリット

断熱性能の優れた家にはいくつかのメリットがありますのでご紹介いたします。

冬は暖かく夏は涼しい

断熱性能に優れた家は外気の影響を受けづらいので、夏は涼しく冬は暖かい室内空間を維持できるというメリットがあります。高断熱の家を建てた方からよく聞かれるのが冬の室内の暖かさです。それだけ既存の一般的な住宅とくらべても大きな違いがあるということです。

省エネルギーの家

断熱住宅が外気の影響を受けにくいということは、冷暖房も効率よく冷やし、効率よく温めることができるということです。したがって消費する電力が少なくなります。省エネルギー、すなわち光熱費の少ない家といえるわけです。間取りにもよりますが、エアコンや暖房器具の設置台数が少なくて済むという場合もあります。豪雪エリアでも光断熱の家は増えており、暖房効率の良さでストーブ1台で十分といった声もあるようです。

冬場のヒートショックを防ぐ

冬場を暖かく過ごせることにメリットがあるのが断熱住宅。冬場のお風呂などは暖房も行き届かなく外気の影響を受けやすい場所です。そこに暖房で暖かい部屋から急に寒い場所に移動する、そして冷え切った中、暑い風呂に入る。この一連で人間は血圧が大きく変動してしまいヒートショックを引き起こすのです。このヒートショックは湿疹、あるいは心筋梗塞、脳梗塞を引き起こすなどとても怖いもの。高断熱の家ならば家の中がある程度一定の温度が保たれるため、急激な温度変化が少ないことが特徴です。そのことでヒートショックを防ぐことができます。

断熱性能に優れた住まいのデメリット

断熱性能の高い住宅にはデメリットはないのでしょうか。ここでは、断熱住宅のデメリットについて紹介します。

結露しやすい場合がある

気密性、そして換気のバランスが優れていないと断熱性能は発揮できません。そして、バランスがうまくいかないことで結露が発生しやすい環境となってしまう可能性があります。特に柱や壁と断熱材の間が結露が発生しやすい場所といえます。これは壁内結露といい、建物を劣化させる、あるいはカビを発生させる原因になりえる要素です。また、窓にも結露が発生しやすくなってしまいます。

二酸化炭素の濃度があがる可能性

昔ながらのストーブ、つまり炎の熱で室内を温めるタイプのストーブを使用する場合、その気密性の高さにより室内の二酸化炭素濃度が上がってしまうことが考えられます。したがって、こまめな換気が必要となるため、結局窓を開けるなどして外気を取り込んでしまうなんてことも。

断熱工法の種類と特徴

内断熱

断熱取り入れた家のほとんどが内断熱工法を採用しています。内断熱はその名の通り柱と柱の間に断熱材を入れる工法です。メリットは価格が安く、わりとどの住宅会社でも施工できることでしょう。デメリットは柱や梁のたびに断熱材が途切れるため、外断熱に比べると断熱性能は低いといわれていることです。また、壁内に結露ができやすいのも特徴だといえます。

外断熱

柱の外側に断熱材を入れるので床から屋根までを断熱材で覆うことができるのがメリットです。内断熱と比べると断熱性能は高いのが特徴。しかし、施工にはとても手間がかかるので費用は多くかかるうえに、技術的にも特殊性があるのでどの業者でも施工できるというわけではありません。

断熱材の種類と選び方

断熱材の種類

断熱材はグラスウールなどの無機繊維系、セルロースファイバーなどの木質繊維系、そしてウレタンフォームなどの発泡プラスチック系にわかれます。なかでも無機繊維系は価格が安いぶん、断熱材の厚さがいちばん厚いようです。そして断熱材の暑さが薄く価格も高いのが発泡プラスチック系の断熱材。断熱材の厚さが厚ければ厚いほど壁も厚くなります。とはいえ壁が厚ければ厚いなりに出窓を設置するなどの楽しみ方もあるので、一概に良し悪しはいえません。

断熱材の選び方

断熱材の選び方は価格で選んだり、壁の厚さで選んだりするのはもちろん、熱に強いか、燃えにくいか、燃えた場合有毒ガスが発生しないか、そして湿気に強いかを総合的に見て選ぶのが良いでしょう。例えばウレタンフォームは燃えやすく、有毒ガスが発生しやすい素材です。また、グラスウールは湿気に弱い性質があります。それぞれの断熱材に特徴と強み弱みがあるので一つひとつチェックする必要があるといえます。

まとめ

ここまで注文住宅を建てる際に考えるべき断熱のことについて考察してきました。高断熱の家は注文住宅を建てるうえでオプションではなく、もはや当たり前の仕様となっています。ぜひ家を建てる場合は断熱に注目し、納得のいく選択しましょう。


自然素材にこだわった大分の工務店3選

日本ハウジングの施工事例画像

 
活用している地域材
3種類

日本ハウジングの
施工事例を見る

電話で問い合わせる

木造建築を推進する大分県が主催する「豊の国木造建築賞」を、2014年度最優秀賞を含む3年連続受賞(2013~2015年)。取り扱う地域材の種類も豊富で、環境と調和したデザインの家づくりを実現しています。

藤丸建設の施工事例画像

 
活用している地域材
2種類

藤丸建設の
施工事例を見る

電話で問い合わせる

大分県産の木材のほか、調湿性能に優れた稚内珪藻土を利用した家づくりが可能。木材を手でカットする「手刻み」に対応している工務店のひとつで、高い技術力を誇ります。

井上建設の施工事例画像

 
活用している地域材
2種類

井上建設の
施工事例を見る

電話で問い合わせる

「和の技術」と自然素材を用いた家づくりを得意とし、熟練の職人が木を1本ずつ手作業で加工。社長みずから設計を行い、強いこだわりを持った住宅を手掛けています。