豊の国・大分で建てる注文住宅の魅力 > 注文住宅を建てるときの基礎知識 > 耐震住宅

公開日: |最終更新日時:

耐震住宅

日本は地震が多い国であり、住宅を地震から守るために建築基準法で耐震基準が定められています。

それは大規模な震災が起こるたびに基準が見直されて現在に至ります。そして、これからも地震発生リスクをかかえた中、より地震に強い家として耐震住宅が生まれました。

ここでは、耐震住宅のメリット・デメリット、耐震住宅の工法の種類とそれぞれの特徴を紹介します。

耐震住宅のメリット・デメリット

耐震住宅とはざっくりいえば、地震の揺れに耐えられるように住宅の壁を厚くする、あるいは柱の強度を高めることで地震の揺れに強い構造にした住宅のことです。地震の揺れの対策を施した住宅には、耐震住宅以外に免震住宅、制震住宅があり、それぞれが違う構造をしています。

耐震住宅のメリット

耐震住宅にするメリットは3つ挙げられます。ひとつは地震対策の費用としては免震、制震と比べると安価に行えることです。建物の土台をしっかりさせ、柱や壁に強度を持たせるので、特別な装置を使わないことから安価にすみます。

ふたつめが、地震だけでなく台風の強い風からも家が守れること。そして最後に、設計の自由度が高いということです。免震、制震などは設計の自由度が高く、地下室の設置も制限がありません。

耐震住宅のデメリット

耐震住宅にデメリットなんてないと思われがちですが、少ないながらもあります。耐震は建物の倒壊を防ぐのが大きな目的のひとつです。そのため、土台を強くし柱も強固なものにするのです。

そして、もし地震が起こった際、その強度は発揮され倒壊を防ぐことができるのですが、地震の揺れが建物にダイレクトに伝わってしまうため、外壁などにヒビが入ってしまうことがあります。このことで、結果的に家の劣化スピードを上げてしまう可能性もあるのです。

耐震性能を高める工法とそれぞれの特徴

2×4工法

2×4工法はツーバイフォー工法と読みます。この工法は「木造枠組壁工法」のひとつではあるのですが、あえて最初に説明します。

2×4は2インチ×4インチの角材を使用することからきています。この2インチ×4インチに均一されたサイズの角材と合板を接合することで屋根、床、壁それぞれのパネルを作り、それを組み合わせて箱状の空間を作るのが特徴。木造軸組工法で用いられる柱や梁はあるのですが、事前にパネルとして壁などとくっつけているのです。

この2×4工法は箱型で、地震があるとその揺れの力がそれぞれ壁4面やそして屋根、床の計6面に分散される効果があります。つまり、耐震性能が高いということなのです。デメリットはリフォームが苦手なこと。6面のパネルがそれぞれを支え合っているので、ひとつのパネルでもバランスを崩すと倒壊もありえるからです。

木造軸組工法

木造軸組工法は日本で古来から採用されてきた工法で在来工法とも呼ばれています。特徴は土台に柱を立てて梁をわたし筋交いを入れるもの。日本全国で手掛けられている工法ですので、どの工務店や住宅メーカーでも扱える工法といえます。

メリットは増強、リフォームがしやすいことです。耐震性能面でも、構造合板を入れたり、また筋交いも大いに貢献していたりし、耐震基準を満たす耐震性は持たすことができます。

軽量鉄骨工法

厚さ6mm以下の鋼材を軽量鉄骨に用いる工法で、代表的なのがプレハブ工法です。工場で材料は製造され現場で組み上げるのが特徴。在来工法と比べると鉄骨なので地震には強いことがメリットです。耐震住宅としては性能が高いのですが、設計の自由度がかなり低いことがデメリットだといます。

重量鉄骨工法

軽量鉄骨に比べ厚くより強度が強い重量鉄骨(厚さ6mm以上の鋼材)を柱と梁の接合部を溶接で接合し、強い構造体が実現する工法です。

RC工法/PC工法

RC工法とは鉄筋コンクリート造のこと。マンション建設に多く採用されています。鉄筋で補強されたコンクリートを構造材に用いられるようです。鉄筋は横からの力に強さを持っており、コンクリートは縦の力に強さを持っていることで保管し合っています。そのほか、鉄筋のサビをコンクリートが防いでくれるという性質があるのも特徴です。設計の自由度は高いのですが、コストが高くなるのがデメリットのひとつだといます。

また、PC工法はこちらもマンション建設によく採用される工法です。事前に工場で形成された床、壁のコンクリート板を工事現場で組み合わせていく工法になっています。こちらは工場生産の部材なので精度が高く安定している部材なので、耐震性能を安定して発揮できるのが特徴です。

耐震と免震・制震の違い

どちらも地震から家を守るためのものです。違いは耐震が家をガッチリと補強することで地震対策をするのに対し、免震とは免震装置を導入し地震の揺れの力を逃すものだということ。ここにはかなり大きな違いがあります。


自然素材にこだわった大分の工務店3選

日本ハウジングの施工事例画像

 
活用している地域材
3種類

日本ハウジングの
施工事例を見る

電話で問い合わせる

木造建築を推進する大分県が主催する「豊の国木造建築賞」を、2014年度最優秀賞を含む3年連続受賞(2013~2015年)。取り扱う地域材の種類も豊富で、環境と調和したデザインの家づくりを実現しています。

藤丸建設の施工事例画像

 
活用している地域材
2種類

藤丸建設の
施工事例を見る

電話で問い合わせる

大分県産の木材のほか、調湿性能に優れた稚内珪藻土を利用した家づくりが可能。木材を手でカットする「手刻み」に対応している工務店のひとつで、高い技術力を誇ります。

井上建設の施工事例画像

 
活用している地域材
2種類

井上建設の
施工事例を見る

電話で問い合わせる

「和の技術」と自然素材を用いた家づくりを得意とし、熟練の職人が木を1本ずつ手作業で加工。社長みずから設計を行い、強いこだわりを持った住宅を手掛けています。