豊の国・大分で建てる注文住宅の魅力 > 大分の自然素材を使った注文住宅デザインカタログ > パッシブデザインの家

パッシブデザインの家

パッシブデザインとは、太陽の熱・風、自然素材が持つ調湿能力などを活用したデザインのこと。ここでは、パッシブデザインの施工事例を、大分の注文住宅会社の中からご紹介します。

雄大な風景が飛び込んでくる家

雄大な風景が飛び込んでくる家の施工事例イメージ
画像引用元:日本ハウジング公式HP(https://www.nihonhousing.co.jp/gallery/new/24263)

高台という立地を活用した、別府湾の雄大な景色を楽しめるリビングが魅力。直射日光をコントロールして、夏は日差しがダイレクトに入らないように、冬は日差しが一日中降りそそぐようデザインされており、年間を通して快適に暮らすことができます。

施工:日本ハウジング

「大分には大分の注文住宅のデザインがあり、さらに立てる場所によってふさわしいデザインがある」と考える日本ハウジング。夏は多湿、冬は過乾燥になりがちな大分ですが、断熱性能を上げる前にまず自然のエネルギーを活用するパッシブデザインを徹底するのが特徴。自然と争うのではなく、自然をうまく活用する住まいを提供し続けています。また、大分の工務店ネットワーク「木繋会(きづかい)」の正会員となっており、地域材へのこだわり・受賞実績はトップクラスとなっています。

受賞歴 第29回豊の国木造建築賞 最優秀賞(2014年)

日本ハウジングの公式サイトで
施工事例をもっとみる

日本ハウジングの会社概要

新鮮な空気で満たされる開放的な住まい

新鮮な空気で満たされる開放的な住まいの施工事例イメージ
画像引用元:木楽舎 あんどう住宅設計室公式HP(https://www.kiraku-no-ie.jp/gallery/2467/)

潮風を感じられる、丘にたたずむ注文住宅。窓を各所に設けているため空気がこもることがなく、室内は常に新鮮な空気で満たされています。リビングの大開口部からは、外の緑を借景として楽しむこともできます。

施工:木楽舎 あんどう住宅設計室

木楽舎 あんどう住宅設計室は、「本物のパッシブデザイン」を追求し続ける建築事務所。日照シミュレーション・通風計画など、パッシブデザインを実現するための調査・計画を欠かしません。太陽熱集熱装置「びおソーラー」や「そよ風2」といった、自然エネルギーを活用したパッシブソーラーシステムも取り扱っています。

受賞歴 第30回豊の国木造建築賞・協賛賞(2015年)

木楽舎 あんどう住宅設計室の公式サイトで
施工事例をもっとみる

木楽舎 あんどう住宅設計室の会社概要

家族の気配を感じられるデザイン

家族の気配を感じられるデザインの施工事例イメージ
画像引用元:幸建設公式HP(https://k-yuki.co.jp/works/4830)

大きな吹き抜けと、ウッドデッキへつながる大開口が目をひくリビング・ダイニング。2階の居室ともゆるやかにつながっているため、どこにいても家族の気配を感じられるデザインとなっています。玄関からキッチンへの動線などもバッチリ。

施工:幸建設

大分・別府を中心に、家を建てる場所・そこに住む人と真摯に向き合った住まいづくりを行っている幸建設。木材の強さだけでなく弱さを受け入れて正しく使用し、さらに太陽や風といった自然エネルギーをうまく取り入れたデザインを特徴としています。使用する素材は地域のもの、地域をよく知る職人とともに一棟一棟を丁寧に手がけています。

受賞歴 第1回「おおいた 木の良さを生かした建築賞 2017」最優秀賞

幸建設の公式サイトで
施工事例をもっとみる

幸建設の会社概要