大分で注文住宅を建てよう » 大分市の住みやすさプチ自慢 » 別府だけでなく大分市も!自宅に温泉がひける

別府だけでなく大分市も!自宅に温泉がひける

大分市内で自宅に温泉を引く方法

「おんせん県」と名高い大分の住民としては、「自宅で温泉を引けたら…」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか?実は大分市の自宅では、温泉を引く方法があるのです。

「温泉を使わせてください」の権利申請

まず大分で自宅に温泉を引くなら、あらかじめ県知事の許可を得なくてはなりません。

「温泉権」と言って、温泉を楽しむ権利をお金で買うのです。

場合によっては「温泉掘削許可」を申請したり、温泉の湧出路を増掘してその他の温泉の湧出路に変更を加えたりするなら、「温泉増堀許可申請」を届けるのも必要。

その他、温泉の湧出量を調整するために「動力装置許可申請」、温泉による天然ガスの事故防止のため「温泉採取許可申請」も求められます。

温泉に関係するいくつかの権限を申請し、取得する手順がちょっと面倒に感じられるかもしれませんが、これらをクリアすれば、後は「温泉使用料」に応じて自宅で温泉を楽しむことができます。

温泉付き物件まである大分の温泉愛

県外の人からすれば「そこまでして温泉入りたい?」と思われてしまいそうですが、大分の人にとって、温泉は日常であり癒し。

実際に「温泉街」として知られる別府などでは、温泉付きの物件も珍しくはありません。自宅で温泉に入れちゃうというわけです。

どうして大分の人がそこまで温泉が好きなのか…これはやっぱり、大分で生まれ育った人には、物心ついたときから日常に温泉の存在があったから、と言わざるを得ませんね。

少し歩けば温泉施設があり、自分へのご褒美や、ちょっとしたレジャー感覚、デートなどでも温泉に行く人はたくさんいます。

そんな温泉好きな大分の人にとって、自宅に温泉があるのは魅力的。

…とはいえ、自宅で温泉を引くにはコストが莫大にかかります。

ただの水道代とは違い、温泉の使用料金や管理料金などがかかるため、決して低コストでは済みません。

もちろん温泉を日常化する魅力と考えるなら、これも必要なコストと言えるでしょう。

\ 建てた後のリフォームまで /
大分で長く付き合える
地元のおすすめ工務店

大分市内にお住いのご家族がモデルハウスや完成見学会に行ったときの様子を、レポートにまとめて頂きました。やはり実物を見ると、家づくりの違いや良さが分かるようですよ。

大分のモデルハウス見学レポートはこちら